消費者に貢献する

stress

ここ最近で一気に普及し、テレビCMや広告などでも見かけることが多いジェネリック。これは先発薬と同一の成分を使用して作られています。
もちろん同じ効果を持っており、例えばタダリフトの先発薬であるシアリスと比較してみると、服用する時に大幅にかかるコストカットして安価な値段で発売させることができるのが後発薬であるタダリフトなのです。
なぜ安く購入者に提供ができるのかといいますと、シアリスなどの先発薬が開発されるまにではとても長い年月と、それまでには研究費や人件費などの費用が多くかかっています。
開発する技術はもちろんのこと、それまでの資金を持っているのは大手の製薬会社であります。
そんな限られた会社が開発から発売ができるため、先発薬には特許期間というものが決められています。開発するために掛かった費用を回収するためにおよそ20年間は独占して販売を行うことができます。
いっぽうタダリフトなどのジェネリック医薬品は特許が切れた後発薬として製造・発売されます。そのため、莫大な費用がかかることなく開発することができます。
そのため、購入者には安い価格で提供することができます。シアリスのジェネリックであるタダリフト以外にも、ED治療で代表的に選ばれるバイアグラやレビトラにもそれぞれジェネリック医薬品が登場しています。
1錠でおよそ2000円するシアリスに比べてジェネリック医薬品であるタダリフトは、およそ3割程度の価格で購入できるので、頻繁に服用したい人であるならば、シアリスを購入するより大幅にコストカットができるでしょう。